【Minecraft】工業世界の魔法使い #06 ドリル片手にネザー探検できない編【工業化MOD】

8月 15, 2021

はじめに

ごぶさたしております。谷川みほです。

つい最近は夕方に起きる生活で8月なのに涼しいおもいをしています。

これなら暑い世界でも大丈夫だな、今回はネザーに向かうためにいろいろしようと思います。

この記事にはIC2(1.12.2)を活用した内容が含まれています。よろしくおねがいします。

工業的ネザーゲート作り!

ここは拠点地下にあるマグマ溜まり。前回作った流体容器で溶岩を採取。

これでネザーゲート状に溶岩を設置して水流で黒曜石に!

いやちょっとまて、いいレシピがあったような……

水2と溶岩2の流体容器(バケツでも可)で、クラフトで黒曜石が作れる!

なんと便利!でも単純計算、溶岩を2倍余計に使うことになるので従来の方法で作ることにしますね。

ア!

ドリルで切り開く土地。ドリルランド

設置ミスにより邪魔な黒曜石を除去するという名目で便利アイテムを作ることにします。レシピは以下の通り。

錫製金枠:鈴インゴッドを2回叩くやつ。

コイル:金属加工機以来の登場ですね。

それと鉄インゴットをあわせて電動モーターを作ります。レシピは上下どっちでもOK。

「電動モーター」という名称ですが。電動じゃないモーターがあるのかとクリエイティブで調べたところ無かったので気軽にモーターと呼ぼうと思います。もちろん中間素材。

充電池(充電量は問わん)、裸銅電線、電子回路、モーター、鉄製金枠(なにげに初登場か?)でクラフト。

パワーユニットというものができます。パワーがあるユニットということです(?)。

あ!見て、かっこいい道具が2種類も選べる!チェーンソーとドリルだ!

今回は森林伐採を目的としていないので作成するはドリル一択。

ここでも鉄板、もとい鉄を要求してくるので鉄の在庫が不安になってきます。

早速作ったドリルを使って黒曜石を!いやいやまて、黒曜石は鉄ツルハシと同等のドリルじゃ採掘できん(できんこともないが遅い)。

ならばダイヤツルハシと同等のダイヤドリルを作っちゃおう!(ダイヤは事前に集めておきました)。

前回作成した低圧蓄電器で充電していざ!手直し!

グローストーン等のネザー限定アイテムを持ってないのでさらなる工業的発展も見込めそうです。

これでネザーに突入!

そらをとぶ(物理)

できませんでした。いきなりマグマの海(ネザーだからアタリマエだが)上にスポーン。

身動きがとれねえ、空でも飛べたら……あ、そうだ。

あった!空とべるアイテム!必要素材は、上位電子回路、低圧蓄電器、鉄製金枠、グローストーン……んん?

グローストーンもってねえ!!!!!

グローストーンを取りに行くためにグローストーンが必要になるとは……なんとか他の手はないもんか?

ありました。

さっきの赤いやつ、電動なジェットパックとは違って、

これはバイオガスを燃料にして空とぶバイオなジェットパックです。これなら現状の素材でも作れる!

おわりに

ジェットパックのレシピ、まだ作れもしないのに公開したところで今回の記事は終了です。

燃料となるバイオガスを作成すると長くなりそうなのでこの記事で情報過多でハザードが起きないようにと。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

【Minecraft】工業世界の魔法使い #05 燃料要らずで発電、蓄電する編【工業化MOD】

【Minecraft】工業世界の魔法使い #07 汎用缶詰機でバイオマスを作ってみよう編【工業化MOD】